GRACE

TOPICS

睡眠が頭皮と髪の健康を左右する!?

2019.05.27 |


健康な頭皮と髪を育むためには良質な睡眠が欠かせません。一般的に、1日のだいたい3分の1が睡眠時間である方が多いでしょう。「睡眠中に頭皮と髪が育っている」ことを意識することで、睡眠時間をより効果的に過ごして、寝ている時間に健康な頭皮と髪を手に入れましょう!

「睡眠中に頭皮と髪が育つ」を意識しよう

頭皮と髪が育つのは私たちが寝ている間。しっかり意識して就寝時間を確保するよう心がけましょう!

睡眠中に頭皮と髪が育っている!

私たちの身体は寝ている間に機能回復や修復を行っています。頭皮や髪は身体の末端にあるため、栄養供給がされにくく、健康な頭皮と髪を育むためには6〜8時間を目安とした睡眠が必要不可欠だと言われています。また、成長ホルモンが分泌されるピークは午後10時〜午前2時とされているため、成長ホルモンが分泌される時間を含めて6〜8時間の睡眠を心がけることが、頭皮と髪の成長にとっても大切。意識して睡眠をとることで、頭皮と髪を育みましょう!

睡眠中に頭皮と髪を育てるための3つのポイント

睡眠中に頭皮と髪の成長を促すため、就寝前に行った方が良いこと3つをご紹介します。

汚れを落とす

私たちが思っているよりも、頭皮と髪は汚れています。目には見えませんが、汚れや汗が付着しているのです。頭皮の毛穴が汚れや古い角質で詰まっていたり、髪が汚れていると、成長に必要な成分の分泌が弱まってしまい頭皮と髪の成長を妨げてしまうことに。1日の汚れはその日のうちに落として、リセットすることが肝心!就寝中に十分に頭皮と髪が成長できるような環境作りをしっかりと行いましょう。

しっかり乾かす

汚れを落とすだけでなく、しっかり乾かすことも重要です。頭皮が濡れていると、バリア機能が弱まって頭皮環境が悪くなり、成長機能が十分に働かない状態に。(頭皮が濡れていると常在菌が繁殖し、臭いやかゆみなど頭皮トラブルにつながることも!)また、濡れた髪はキューティクルが開いたとても無防備な状態。髪が濡れている時間はできる限り短い方が良いと言われています。寝ている間に枕に擦られて発生する摩擦によって髪を傷めないためにも、ドライヤーでしっかり乾かしてキューティクルを閉じることが大切です。

栄養を補う

しっかり乾かした後は、外側からも栄養補給を行いましょう。頭皮には頭皮用エッセンスで潤いを与え、髪には洗い流さないトリートメントを塗布してキューティクルをコーティング。外側からも栄養を与え、寝ている間にじっくり浸透!外側からの抜け目ないケアも意識しましょう。

良質な睡眠をとって、頭皮と髪を育てよう!

疲れているからといって、その日の汚れを落とさずに寝てしまうとせっかくの時間がもったいないことに!疲れていても、就寝前のケアを怠らず、良質な睡眠を。

頭皮・髪のために良質な睡眠を

睡眠時間を有効に過ごすため、その日のうちの汚れはその日に。しっかり乾かして、外側からも栄養補給を行って、より健康な頭皮と髪を育みましょう!寝る2〜3時間前にはお風呂に入って、火照りを落ち着かせてから寝るのがポイントです。カフェインやアルコールの摂取、スマートフォンの閲覧も就寝前は避けることで、睡眠タイムをより質の高いものに導きましょう。